top of page
ph_main___.jpg

コーチ、ファシリテーター、瞑想ガイド、講師、セラピストのコミュニティの方へ

オンライン2.5時間

自分の声から生きる

身体で感じる、存在を感じる、感性がひらく
自分につながる声のボディワーク

(グループセッションです)

まずは参加者の声を聴いてください。

icon_voice01
ph_takahashi

クライアントから“声が素敵!”との感想に、初めてだったので驚きました。

高橋ライチ

50代|カウンセラー / 講師

講師をしていて、講座が続いていたので声が枯れる・喉が疲れる感じがありました。さらに、最近、同業の友人が、声の不調で仕事をキャンセルしたという話もあったので、益々“声”について気になっていたところに、友人が、たつさんのワークショップをオススメしていたので受けました。たった2時間だったけど、ワークショップを受けた後の変化は大きく、楽に声を出せるようになっただけでなく、クライアントから、今まで言われたことがない「声が素敵だと思いました」という感想を頂いて驚いています。2時間で世界にひとつしかない自分の声を、大事に育てていきたいと思えた講座なので、是非皆さんも受けてみて下さい!

icon_voice02

自分の響きを聞くのが楽しくて、定期的にワークを受けることに決めました。

歌・声を聴いただけで、その声が自分に響き、内側から感情が湧き出てくるような時があります。人の内側に響く声。そんな声を自分でも出せたらいいなぁって思って参加しました。

たつさんのワークショップに参加したら、“自分が声を響かせる器”、“人間の身体は声を奏でる楽器”ということがよくわかり、他の誰とも違う自分の身体から奏でられる自分だけの響きが感じられたとき、とても気持ち良かったです。オンラインの短い時間でも、いつもの自分と声の響きが変わることがわかり、いつもと違う自分を感じる素敵な体験だったので、これからも、たつさんのワークを定期的に受けることにしました。これから、どんな響きを聞けるのか楽しみです!

ph_bobi

河本 伸也

40代|ファシリテーター

icon_voice03
ph_ikeda

池田 郁恵

40代|ファシリテーター / コーチ

声を使ってお仕事している人、等身大の自分で表現したい人にオススメです!

昔から、話しているとだんだんと喉が締まるような感覚があり、声がよく枯れて悩んでいました。たつさんのワークショップは、いわゆる「いい声」を出すためのトレーニングではないと知っていたので、直ぐに参加を決めました。そして参加後は・・・ホカホカと心身共に暖かくリラックス状態。そして、喉が詰まらずに楽に話せるようにもなっていました。声を通して自分らしい状態がわかり、その状態だと話しているだけで周囲の人に安心感が与えられるって体験できました。研修の場の前や休憩時間に、習ったワークをすると、すっと入れたり、声枯れせずに終わりまで過ごせました。声を使ってお仕事している人、安心して等身大の自分で表現したい人にもおススメです!

パノラマシティビュー

こんな方がご参加されています

信頼感、安心感のある話し方を身につけたい

楽に自由に、気持ちよく声を出したい

響きある声、心地いい声を出したい

呼吸に乗せて、相手の心に届く言葉を発したい

自分の声に自信をもちたい

こんなお悩みのある方も…

  • 声がこもる、声が通らない

  • 声が枯れる

  • 声帯にトラブルがある

  • 喉が弱い、すぐ痛くなる

  • 自分の声が好きではない

  • 自分の声に違和感がある

自分につながる
身体への3つのアプローチ

あなたの本当の「自分の声」を出すために、

声に関わっている3つの要素にアプローチをしていきます。

icon_approach01

呼吸

空間を拡げる

ph_approach01

まずは、大きく深呼吸をしてみてください。普段私たちは胸郭を意識することはありませんが、胸郭の中の空間を拡げていくことを大切にしています。ゆっくり呼吸を吐くと身体がリラックスしているのに気づくでしょう。吐くことを繰り返すことで、自律神経の副交感神経が優位になります。ここに言葉を乗せていく事で、楽に自由に話せるようになります。

icon_approach02

筋肉

不要な力を働かせない

声帯はわずか2cmほどの小さな筋肉。この筋肉だけを動かすという事は難しく、周辺の筋肉の動きと連動し、状況により声帯が適切に閉じ、肺からの呼気により振動して声が出ます。力が入りすぎると、声帯周辺の筋肉が硬くなり、緊張したような声や、喉が痛くなる等に繋がります。その為、関節や筋肉を、不要に働かせないことが大切です。

ph_approach02
icon_approach03

振動

自分の声の振動を感じる

ph_approach03

声は、声帯の振動が、身体の他の部位に伝わり、周りの空気に振動を伝え、相手に声として届きます。自分の声を振動として感じられるように低い音で練習をします。低域の周波数は、声の土台のようなもの。土台が安定すると、あなたの声の響きがより深みのある声に変わります。自分の内側から音を響かせる方法が声。その響きを味方につけましょう。

周波数の強さを色分けしたスペクトログラム

ph_spectrogram

周波数の強さを色分けして表示しています。ここでは簡単に、赤い色のほうが強さがあると見てください。

ワークショップ後に、低域の周波数の強さがしっかりと出ているのがわかります。このような周波数成分の声を聴くと、人は安心感や信頼感を感じやすくなります。

いい声を出そうと思うと、いい声は出ない?!

「いい声」を出したい

ストレス、不安、緊張

交感神経が優位

呼吸が浅くなる

(胸郭の中の空間が拡がらない)

筋肉の緊張

(余計な力が入る)

声帯から伝わる振動の広がりに影響

(声が響かない)

「いい声」と離れる

このように、いい声を出したいと思って発声を行うと、その目指す声からは離れてしまいます。また、声枯れ、喉の疲れ、声がこもる、通らない 等にもつながります。

ワークショップの内容

全体の流れ

FLOW

ph_flow

準備頂くもの

お水、リラックスできる服装、タオル(スポーツタオルの長さ)、メモ用紙、ペン

icon_1.png

声についての基礎知識

(解剖学や、音の周波数等)

icon_2.png

呼吸のワーク

icon_3.png

首のストレッチ

icon_4.png

振動を感じるワーク

よくあるご質問

FAQ

icon_Q.png

ヨガマットは必要ですか?

icon_A.png

​無しで受講していただけます。

icon_Q.png

床に座ってのワークになりますか?

icon_A.png

床でも椅子でも大丈夫です。

icon_Q.png

大きな声は出しますか?

icon_A.png

話し言葉より少し大きめの声が出ることもありますが、短い時間です。

icon_Q.png

耳だけの参加はできますか?

icon_A.png

動作や声の状態を聞かせて頂くため、カメラとマイクをオンにしてご参加ください。

icon_Q.png

オンラインについて教えてください

icon_A.png

Zoom(ズーム)というオンラインシステムを利用します。お申込み者の方に、利用方法や、ミーティングID(URL)は参加申込時の自動返信メールに記載させて頂いています。

参加された方の喜び・驚きの声

たった数時間で驚くほど楽に声が出せるようなったことに感動

受けてみて、驚くほど楽に声が出せるようになることに驚きと感動。また、たった数時間でもここまで変われるようになるんだ、という気持ちでした。今まで、自分の声にあまりいいイメージを持っていませんでしたが、逆に自分の声に自信を持つ事ができるようになりました。これからは、自分の声をアイテムの一つとして使えるようにしていきたいです。セミナー講師なら、声が変わる事でセミナーの印象も変わると思うので、オススメです。

(N.H様・50代・コーチ)

ワーク後の声が心地よく楽な気持ちになれる音質に

ワークを通して、いかに自分の声が抑えたものになっているのか、あらためて自覚できました。ワークの後に出た声の方が、自分で聞いていても心地よく楽な気持ちになれる音質だったように感じたのが印象的でした。今の自分の声の出し方の奥にあるものは、いかに目立たないように。いかに隠れていられるか。という防衛的なところから出しているものです。一方で、そんな話し方や在り方にうんざりしてきている私もおり、純粋にただ表現するというところから声を使いたいという気持ちがあります。自分の表現方法を豊かにするチャンスかなと思っています。

(S.K様・30代・看護師)

私の声って結構いい!?と思えたことがすごく嬉しかった

私の声って結構いいんだ!?この低音ボイスがadvantageとは!!いいじゃん!!って思えたことがすごくすごく嬉しくて、私の胸のあたりがとても満たされた感覚が今も続いています。自分自身に対しても、いとおしいと感じることができ、たくさんの感謝の気持ちが湧いてきました。今日の講座を受けて、声に自信を持てるようになったら、自分にも自信が持てるようになる、と確信しました!

(K.Y様・40代・医師)

いつも安定感があると言われる自分の声の素晴らしさに気づいた

高い声でもうまく話したいと思っていましたが、いつも安定感があると、言われるのはこの低い声のおかげやったと気づけて、よかったです。オンラインでも声が良く通る講座でおすすめです。

(S.A様・40代・自営業)

自分の発見、無理せず楽に生きる方法を体感できる講座

他の参加者の方に聞いてもらった自分の声の印象が、思い込みと全く違うことにびっくり&嬉しかった。自分の「声」を通して、自分に対する発見がある&無理せず楽に生きる方法を体感出来る講座だと思います。

(M.M様・30代・主婦)

講師プロフィール

ph_profile

TATSUHIKO

SAWADA

声のボディワーカー/プレゼンスリーダーシップファシリテーター

澤田 龍彦(たつさん)

講師の声をお聴きください

立命館大学理工学部卒業後、システム開発に携わったのち、20代で起業。ゼロからはじめた会社を年商3億まで成長させる。数々の経営者と関わるなかで、『経営者の熱意がなぜ人に伝わるのか』に関心を持ち、コミュニケーション、心理学、カウンセリング(傾聴)の学びを通して自身のコミュニケーションについて見直しをしていく。

その過程で、こもりやすいと感じる自分の声のコンプレックスに意識が向くように。いい声とはどのようなものか、その答えを求めて楠瀬誠志郎に師事。声の改善の後に自信が生まれるのではなく、声には、その変化と共に、自信や自己受容感を高めていく力があるという魅力に惹かれ、インストラクターに転向。

その後、10年を経て、声のビジネススクール『PRIDE VOICE』を設立。現在は、“身体知性”に基づくメソッドで、スタジオでの指導の他、企業の管理職に向けたスピーチ研修、新人研修や病院の医師・看護師に向けた発声研修のプログラム設計を手がけている。また発声する身体の身体知性を探求するため、各界のプロフェッショナルから学び続けている。
プレゼンス・リーダーシップ・ファシリテーター養成講座修了(ボディワーカー 小笠原 和葉 先生より)Mobility Care® シニアコンディショナー養成講座修了(モビリティケア®ディレクター 浅野 俊介 先生より)神経系顔ヨガ®指導養成講座修了(TOKYOYOGAディレクター Chama 先生より)「発声する身体の学び(解剖学)」(大阪芸術大学解剖学非常勤講師 山本 篤 先生より)脱力の作法(パーソナルトレーナー 秦 ワタル 先生より)

趣味は週2回のジム通い、月1回ほどのテニス。無心でボールを追いかける時間を楽しんでいる。また、システム開発の経験を活かし、民間学童でプログラミングを教えたりもしている。

ph_sub

オンライン2.5時間

身体で感じる、存在を感じる、感性がひらく
自分につながる声のボディワーク

自分の声から生きる

参加費:33,000円(税込)〜 /グループ毎

LINEの方

LINEの方はこちらから「グループセッション相談」とお送りください。(画像クリックまたはQRコード)

poster_1_11.png

メールの方

scroll

お申し込み

グループセッション相談

ご検討いただいている講座はどれですか?*

送信ありがとうございました

ph_main___

本来の声に還る

プライベートプログラム

プライベートセッションをご希望の方はこちらをご覧ください

メルマガ
bottom of page